酒たばこ18歳解禁見送り

飲酒や喫煙を18歳から認めることを検討していた自民党の「成年年齢に関する特命委員会」は9月10日、解禁を容認する当初案を撤回した。
また、両論併記にとどめる提言案をまとめた。
党内外の両サイドから猛反発を受け、公営ギャンブルができる年齢の引き下げも見送ることとなった。
月内に政府へ提出するとのことである。
提言案は、飲酒や喫煙を18歳から認めるかどうか、委員から出た賛否両論を併記している。
引き続き社会的なコンセンサスが得られるように、国民にも広く意見を聞くとのこと。
また、医学的見地や社会的影響について慎重な検討を加えるとした。
当初案では、民法改正で18歳が大人になった場合であっても、「飲酒・喫煙を制限されることは社会的に保護が必要だと示しているともいえ、適当ではない」とし、飲酒、また喫煙年齢を引き下げることを妥当としていた。