サメの新種「ニンジャ」と命名

2010年の観測調査で発見されたサメが新種だったことがこのほど明らかになったそうだ。全身真っ黒なその姿が忍者を思わせることから「ニンジャカラスザメ」と命名されたとのこと。
「ニンジャ」の名は8歳~14歳の4人の子どもの発案だったという。学名は、映画にもなった小説「ジョーズ」の原作者ピーター・ベンチリーにちなんで「Etomopterus benchleyi」と命名されたそうだ。
このサメについては太平洋サメ研究センターの研究チームが調査を依頼され、詳しく調べていたという。太平洋東部の中米近海でカラスざめが見つかったのも初めてだという。
カラスザメは小ぶりのサメで、身体は細長く暗褐色、殻に黒い模様があるのが特徴。それに対してニンジャカラスザメは全身真っ黒なのだそうだ。それにしても「ニンジャ」と命名されるとは、海外での忍者人気がうかがえる。